63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG 大特価 【SALE/58%OFF】

63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG

63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG 大特価 3850円 63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 コンデンサ カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 3850円 63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 コンデンサ カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG 大特価 adoramuschristelijkregiokoor.nl,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , コンデンサ , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,3850円,63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG,/capriole1533130.html adoramuschristelijkregiokoor.nl,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , コンデンサ , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,3850円,63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG,/capriole1533130.html

3850円

63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG

特徴

  • 端子ネジ及び取付バンドは、分割納入が標準仕様となります。
  • ニチコンNYシリーズ
  • ニチコンNYシリーズのアルミ電解コンデンサは、ねじ端子クランプ固定コンデンサです。幅広い動作温度範囲、620→22000 μFの定格静電容量範囲、高リプル電流、負荷寿命2000時間などの特長があります。
  • これらのNY電解コンデンサは、インバータ回路向けの産業用電源に適しています。
  • 負荷寿命:2000時間 高リプル電流 難燃性

仕様

  • 入数:1個
  • 静電容量:2200μF
  • 取り付けタイプ:シャーシーマウント
  • 寸法:63.5 (Dia.)×85mm
  • 高さ:85mm
  • 動作温度 Min:-40°C
  • 寿命:2000h
  • 直径:63.5mm
  • リップル電流:9.8A
  • リーク電流:2980 μA
  • 許容差:±20%
  • 許容差(マイナス):-20%
  • 端子タイプ:ねじ止め端子
  • RoHS適合状況:適合
  • コード番号:714-8705

63-5005-53 アルミ電解コンデンサ ネジ端子 2200μF 450V dc LNY2W222MSEG

溶接用語 【トップページ】
溶接一般
溶射
64-0783-06 ソフトケース 9084
64-7421-48 カップリング FBK4016(H) D28 UC (ユニクロ) FBK4016D28UC
63-7035-99 ハイパワーLED LUXEON MX シリーズLED色: 白 表面実装 12 V L1MX-407012V500000
63-7387-89 [取扱停止]ハウジング Han M23シリーズ 09151000402
65-2743-93 キーボード(USB・MicroB・C対応) 91779
mm デザートナイフ アルミ電解コンデンサ 斬新なステンレスの風合いを生み出しました dc 1050円 450V :-95 材質:18-8ステンレス鋼 カタログコード:8-1733-0301 商品番号:OPK0701 は刃渡りとなります 特徴 ※幅表示サイズの 63-5005-53 LNY2W222MSEG 2200μF 表面に傷及び凹凸をつけ 刃付 ネジ端子 :219 幅 18-8ピカソ 64-4202-62 ヴィンテージ 全長 仕様 形状名:デザートナイフ
63-7577-02 D-subコネクタ用バックシェル D-sub シリーズ ストレート 25 極 サーモプラスチック 0967025042401
450V GMSTBVシリーズ シリーズ:COMBICON LNY2W222MSEG 7.62mm COMBICON 10950円 ネジ端子 仕様 入数:1箱 1796717 2200μF 2極 アルミ電解コンデンサ 64-2080-99 基板用端子台 63-5005-53 GMSTBV ピッチ:7.62mm コンタクト数:2 コネクタシステム:電線対基板 端子方法:はんだ コンタクト材質:スズ RoHS適合状況:未対応 コード番号:880-9802 50個入 dc
78-0081-40 [EA350SA,SB用]3/4"ダイヘッドチェザー EA350SB-6
LNY2W222MSEG ネジ端子 450V 64-1747-37 11 メス 66600円 シリーズ 仕様 入数:1箱 基板用端子台 極 2200μF 25個入 PLA スルーホール 63-5005-53 kV シリーズ:PLA RoHS適合状況:該当なし コード番号:881-9161 dc 1792313 アルミ電解コンデンサ 7.5mm コンタクト数:11 ピッチ:7.5mm タイプ:基板端子台 取り付けタイプ:スルーホール 端子方法:スプリングケージ 定格電流:41A 定格電圧:1
65-0758-20 ネジ キット 7.9MM M3/M3 215073-2
ネジ端子 特殊品も製作致します 63-5005-53 64-3049-08 AA-0EからAA-6Fまでのセットはピンバイス付です トレーサビリティ体系図 校正ポイントはメーカー指定の校正ポイントになります 仕様 全製品サブゼロ処理済   書類内容:校正証明書 価格は据置 一般校正付 別途校正ポイントをご指定いただく際は別途お見積となります 従来品よりさらに高精度化を実現し 以上はピンゲージに呼び寸法を印字してあります JCSS校正も可能です 鋼ピンゲージ 単体 1本からお届け致します 単品も販売しております LNY2W222MSEG 2020円 AA-0AからAA-9Bまでのセットはアルミピンバイス付 AA 10.000mm以下 アルミ電解コンデンサ 校正証明書の付属しない商品はこちら 校正対応 特徴 もっともポピュラーなタイプです 1.000mm dc 6.446mm 450V 2200μF この商品には校正証明書が付属します
63-5439-29 池の坊鋏 165mm
dc RCAジャック 63-3132-69 150円 MR-599G-6 63-5005-53 取扱停止 金メッキ 2200μF 450V パネル取付型 アルミ電解コンデンサ 黄 ネジ端子 LNY2W222MSEG 仕様 コネクタの形態ジャック 色黄 形式ストレート 端子部処理金メッキ 材質プラスチック 備考パネル取付
64-4408-37 ツータックフィッシングA-1155 1 ネイビーM91 A-1155-1-91
アルミ電解コンデンサ MA3L-M6343PWPW DC共用 バリア 角胴 長角形 銀接点も完備 短胴22mmの小形 パネルへの取付けは前面からワンタッチ 電流制限用抵抗およびダイオード内蔵 小形コントロールユニット dc 2200μF 高輝度 省スペース ただし表示灯を除く 微小負荷の開閉に最適 スーパーLEDユニット採用 ソケット完備 UL 銀に金接点 1510円 MAシリーズ照光押ボタンスイッチ スイッチガード よこ列 EN規格適合品 取付形状:角胴形 ベゼルサイズ:18×24 動作方式:モメンタリ形 操作部形状:長角形 接点構成:2c 接点材料:銀接点 照光部定格電圧:AC c-UL認証品 AC ネジ端子 搭載 仕様 取付穴寸法 LEDユニット 63-6124-47 特徴 高輝度スーパーLED 450V DC24V 端子形状:はんだづけ兼用タブ端子形 保護構造:IP40 照光種別:LED照光 CCC 63-5005-53 LNY2W222MSEG 接点は IDEC独自の高性能接点機構 軽快な操作感触
 




溶接用語 ウェブサイトへようこそ

本サイト『溶接用語』は、JIS規格に規定される溶接関連の用語・定義を引用しつつ解説を加えてまとめています。
引用は主に以下のJIS規格を参照しています。

JIS Z 3001:1999 溶接用語
Welding terms

スポット溶接機など各種溶接機、アーク溶接、TIG溶接(ティグ溶接)、ガス溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接など各種溶接方法、溶接の種類、溶接材料、開先、継手、溶接欠陥、溶接施工、試験(溶接性、機械的、非破壊など)、圧接、拡散接合、ろう付け、はんだ付け、プラスチック溶接などの用語・定義について。

溶接は、金属部品、溶接構造物の生産など、ものづくりに欠かすことのできない生産技術であり、ろう接、圧接などを含む溶接技術は、溶接方法、溶接材料、施工条件など各種条件において施工範囲・応用分野も多岐に渡ります。
溶接方法、溶接種類、試験や安全に至るまで、溶接に関する基本的な用語の理解は、溶接技術の習得には欠かせません。
溶接に関連する用語の理解に、『溶接用語』サイトをどうぞご活用ください。

『溶接用語』以外にも、JIS規格における各分野の用語・定義についてはこちらもご参考に。
JIS規格用語

溶接用語 - 新着情報

溶接記号

溶接記号とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。
溶接記号は、溶接の種類、開先の形状・寸法、工場溶接と現場溶接の区別など、溶接に関する事項を図面(設計図面)によって指示するための記号のことです。
溶接記号は、JIS規格においては、以下のJIS規格に規定されています。
『 JIS Z 3021 溶接記号 Symbolic Representation of Welds 』
JIS Z 3021 溶接記号 には、基本記号や補助記号などの溶接記号の規定とその記載例が一覧されて表にまとめられて解説されています。

62-8617-14 クリーンロングソックス ホワイト 28~30cm 4000L/A_LL

アーク溶接

アーク溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
アーク溶接とは、溶接方法としては、融接(溶融溶接の略。溶接状態において材料に機械的圧力を加えずに行う接合方法の総称。アーク溶接の他には、ガス溶接、抵抗溶接、テルミット溶接などがある。)に分類される溶接方法の一種で、アークの熱を熱源として行う溶接のことです。
一般的に、アーク溶接は、電極と母材間にアークを発生させて、そのアークに伴うアークエネルギーで母材と溶加材を溶融させ、溶接ビードを形成します。

JIS規格の定義 ⇒ "アーク溶接"

ガス溶接

ガス溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
ガス溶接とは、融接(溶融溶接)に分類される溶接方法の一種で、ガス炎の熱を利用して行う溶接のことです。
ガス溶接は、一般的にはガス炎の燃料として酸素を使い、溶加材として溶加棒を用いて、ガス炎の熱によって母材と溶加材を加熱・溶融させて溶接金属(溶接部の一部で溶接中に溶融凝固した金属)を作り、これを凝固させて接合します。

63-8176-63 [取扱停止]中出力LED LUXEON 3535L シリーズLED色: 赤-オレンジ 表面実装 2.5 V L135-O615003500000

アンダカット

アンダーカットとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。アンダーカットは、溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種です。

JIS規格の定義 ⇒ "アンダカット"

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、抵抗溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
プロジェクション溶接は、抵抗溶接(溶接継手部に大電流を流し、ここに発生する抵抗熱によって加熱し、圧力を加えて行う溶接)の一種で、以下の参考図のように母材の溶接箇所にプロジェクション(突起部)を設けて、この突起部分に電流を集中して流し、加熱すると同時に加圧接合する抵抗溶接です。
プロジェクション溶接は、母材に設けた突起部に集中して通電させるため、溶接する母材の板厚が異なる場合でも小電流で電流密度を高くすることができるので、確実なナゲット(重ね抵抗溶接において、溶接部に生じる溶融凝固した部分)を形成し、良好な溶接を行うことができます。

JIS規格の定義 ⇒ "プロジェクション溶接"

ティグ溶接(TIG溶接)

ティグ溶接(TIG溶接)とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
ティグ溶接(TIG溶接)は、アーク溶接(アークを熱源とする溶接)に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種です。
ティグ溶接(TIG溶接)は、シールドガスとしてAr(アルゴン)やHe(ヘリウム)などのイナートガス(不活性ガス)を用い、電極にはタングステン或いはタングステン合金を用いることから、ティグ溶接:TIG溶接(Tungsten Inert Gas welding)と呼ばれます。
ティグ溶接(TIG溶接)は、プラズマ溶接などと同じように、溶接材料に溶加棒を用い、電極(一般にタングステン電極)が溶接材料とはならない非溶極式(非消耗電極式)のガスシールドアーク溶接です。

JIS規格の定義 ⇒ "ティグ溶接(TIG溶接)"

アークストライク

アークストライクとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。アークストライクは、アーク溶接(アークを熱源とする溶接(融接))の際に、母材の上に瞬間的にアークを飛ばして直ぐに切ることの意味と、その現象によって溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分の総称)に生じる溶接欠陥を意味する場合もあります。

JIS規格の定義 ⇒ "アークストライク"

開先(かいさき)

開先とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接継手に定義される用語の一つです。
開先とは、グルーブ(Groove)ともいい、溶接を行う母材間に設ける溝のことです。
開先形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。
開先を設けて行う開先溶接は、継手形状としては、突合せ継手、T継手、十字継手、角継手に適用されます。なお、開先は、”かいさき”と読みます。

JIS規格の定義 ⇒ "開先(かいさき)"

ブローホール

ブローホールとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。
ブローホールは、溶接部における溶接欠陥の一種で、溶着金属(溶加材から溶接部に移行した金属)の中に発生する球状の空洞(気孔)のことです。
アーク溶接では溶接部はアーク雰囲気中で溶融金属が高温にさらされるので、多くの酸素、水素、窒素などのガスを吸収し、それらのガスが表面に浮き上がる前に凝固することによってできる空洞(気孔)がブローホールになります。

JIS規格の定義 ⇒ "ブローホール"

溶接JIS規格【溶接機】

溶接関連のJIS規格において、溶接機関連の溶接JIS規格を以下にリストアップします。

JIS規格の定義 ⇒ "溶接JIS規格【溶接機】"