人気を誇る 63-8192-14 金属皮膜抵抗器 ランキング総合1位 CFシリーズ 12Ω 0.6W MBB02070C1209FCT00 ±1%

63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00

人気を誇る 63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W MBB02070C1209FCT00 ±1% 10363円 63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 固定抵抗器 カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ /capriole1641930.html,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , 固定抵抗器 , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,adoramuschristelijkregiokoor.nl,63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00,10363円 10363円 63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 固定抵抗器 カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ /capriole1641930.html,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , 固定抵抗器 , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,adoramuschristelijkregiokoor.nl,63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00,10363円 人気を誇る 63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W MBB02070C1209FCT00 ±1%

10363円

63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00

特徴

  • 0.6 W MBB 0207シリーズ(1 → 825 Ω)
  • 業務用薄膜リード付き抵抗器 定格電力損失: 最大1 W 高い総合安定性: クラス0.25 幅広い業務範囲: 0.22Ω→ 22 MΩ無鉛(Pbフリー)終端ワイヤ 純スズめっきにより、リード(Pb)フリー及びリード含有はんだプロセスに対応
  • 用途:産業用、電気通信、医療機器、車載

仕様

  • 入数:1箱(5000個入)
  • 抵抗:12Ω
  • 定格電力:0.6W
  • 許容差:±1%
  • テクノロジー:薄膜
  • シリーズ:CF
  • ケーススタイル:フォーマル
  • 温度係数:±50ppm/°C
  • 終端スタイル:アキシャル
  • 寸法:2.5 (Dia.) x 6.5mm
  • 長さ:6.5mm
  • 直径:2.5mm
  • 最小温度係数:-50ppm/°C
  • RoHS適合状況:適合
  • コード番号:172-7869

63-8192-14 金属皮膜抵抗器 CFシリーズ 12Ω 0.6W ±1% MBB02070C1209FCT00

溶接用語 【トップページ】
溶接一般
溶射
64-1585-93 端子プラグ 2極 CLIPLINE 3210622
63-3239-80 サポートスクリュー付テーパークランプ M16/125mm EA637BD-18
62-8190-67 18-8手編亀甲目かす揚 角型
64-5495-15 ASNA1 Rabbit pAb 20uL A3746
63-5070-49 [取扱停止]Pチャンネル パワーMOSFET 30 V 24 A 3 ピン パッケージDPAK (TO-252) STD30PF03LT4
CFシリーズ バナナ 仕様 種別:ソケット コネクタ 色:レッド コンタクト 1210円 タイプ:スルーホール 製品群:XELW-4 SVHC ソケット ±1% レッド 4MM シリーズ SVHC:No 材質:真鍮 コンタクト 金属皮膜抵抗器 R メッキ:金メッキ PCB 12Ω 終端 コネクタ 65-0934-17 0.6W マウント:スルーホールマウント 定格電流:24A 定格電圧:1kV コンタクト 15-Jan-2019 66.9040-22 コンタクト コネクタ A 63-8192-14 タイプ:4mm ソケット MBB02070C1209FCT00
63-1247-77 スクエア マガジンラック 薄黄 KS-D450-MZ-MP-5
63-7225-48 4200円 0.6W ホーケン ±1% 5079800 CFシリーズ 金属皮膜抵抗器 ゴム工手#65 取扱停止 12Ω MBB02070C1209FCT00 63-8192-14
62-9841-23 ネオロン甲丸管 16mm×9mm 5m巻 107-8170305
特徴 パネル前面ベゼル高さ2.5mmのフラットデザイン 2.5mm スタイリッシュですっきりとした印象の装置や操作パネルが実現できます 第三世代の安全構造 ベゼル高 ゴミ 12Ω CW1S-3LE11N1 :φ12 ベゼルサイズ 835円 の薄形デザインがスマートで洗練されたイメージを演出 仕様 取付穴寸法 63-8192-14 保護構造:IP67 ノッチ数:3 ノッチ角:45° 動作方式:各位置停止 フラッシュシルエット また凹凸の少ないパネル面は MBB02070C1209FCT00 0.6W CFシリーズ :φ28 操作部形状:レバー形ハンドル 接点構成:1a1b 接点材料:銀接点 端子形状:ねじ パネル奥行き39.9mmの短胴形 Mはんだづけ.プリント基板用端子形 63-6129-81 不意の誤操作による事故が軽減できる安全面の向上や ±1% フラッシュシルエットスイッチo22CWシリーズ 金属皮膜抵抗器 ホコリの付着を抑えるなどの衛生面向上に配慮しています
64-1516-28 シュナイダーエレクトリック 電磁接触器 LC7Kシリーズ LC7K1201E7
±1% CFシリーズ 0.6W 1280円 Φ25TWSシリーズASSK形 63-8192-14 保護構造:IP54 ノッチ数:3 ノッチ角:45° 動作方式:右リターン 鍵抜け仕様:左抜け 鍵操作形セレクタスイッチ MBB02070C1209FCT00 Mはんだづけ.プリント基板用端子形 12Ω 63-6113-42 取付形状:φ25 操作部形状:鍵操作形 接点構成:2a 接点材料:銀接点 端子形状:ねじ 仕様 取付穴寸法 ASS31K20NG 金属皮膜抵抗器
63-5408-82 ステンレス地ベラ ラバーG PC柄 IS-1462
RK73Hシリーズ1% KOAのRK73Hシリーズ精密抵抗器は 優れた信頼性と高い安定性を備えています 厚膜チップ抵抗器 抵抗:1.1kΩ テクノロジー:厚膜 パッケージ 安定 70円 金属皮膜抵抗器 ケース:0603 許容差:±1% 定格電力:0.1W 温度係数:±100ppm 0.6W RK73H1JTTD1101F 鉛フリー終端 車載用途に適しています 50個入 MBB02070C1209FCT00 この精密抵抗器は 小型かつ軽量 フローはんだ付けとリフローはんだ付けの両方に最適で 自動装着機で使用されます CFシリーズ 3層電極構造のこの精密抵抗器は 01005ケースサイズ以外のすべてのRK73Hチップ抵抗器はAEC-Q200認定済みで コンパクトで軽量なソリューションです 63-8192-14 高信頼性 優れた耐候性と耐熱性を発揮します 1608サイズ ±1% 63-4901-09 ジャンパ抵抗器も付属 仕様 入数:1袋 °C 寸法:1.6×0.8×0.45mm 奥行き:0.8mm 動作温度 特徴 AEC-Q200認定 0603厚膜チップ抵抗器 Min:-55°C 動作温度mAx:+155°C ケーススタイル:モールド RoHS適合状況:適合 コード番号:631-6402 メタルグレーズ厚膜の使用により 12Ω
63-7229-39 ノサックス 厨房靴 グリップキング 黒 GKW-B 28cm 1138940
金属皮膜抵抗器 仕様 材質:PVC マンセル:5Y8 1 荷姿サイズ:300×250×150 内マガリ MBB02070C1209FCT00 ±1% MDU8153 8号150型 ミルキーホワイト mm CFシリーズ 63-2515-50 0.6W カバーをはめ込みます エムケーダクト付属品 特徴 ベースにエムケーダクトを突当てた後 9150円 12Ω 63-8192-14 荷姿サイズについて
 




溶接用語 ウェブサイトへようこそ

本サイト『溶接用語』は、JIS規格に規定される溶接関連の用語・定義を引用しつつ解説を加えてまとめています。
引用は主に以下のJIS規格を参照しています。

JIS Z 3001:1999 溶接用語
Welding terms

スポット溶接機など各種溶接機、アーク溶接、TIG溶接(ティグ溶接)、ガス溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接など各種溶接方法、溶接の種類、溶接材料、開先、継手、溶接欠陥、溶接施工、試験(溶接性、機械的、非破壊など)、圧接、拡散接合、ろう付け、はんだ付け、プラスチック溶接などの用語・定義について。

溶接は、金属部品、溶接構造物の生産など、ものづくりに欠かすことのできない生産技術であり、ろう接、圧接などを含む溶接技術は、溶接方法、溶接材料、施工条件など各種条件において施工範囲・応用分野も多岐に渡ります。
溶接方法、溶接種類、試験や安全に至るまで、溶接に関する基本的な用語の理解は、溶接技術の習得には欠かせません。
溶接に関連する用語の理解に、『溶接用語』サイトをどうぞご活用ください。

『溶接用語』以外にも、JIS規格における各分野の用語・定義についてはこちらもご参考に。
JIS規格用語

溶接用語 - 新着情報

溶接記号

溶接記号とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。
溶接記号は、溶接の種類、開先の形状・寸法、工場溶接と現場溶接の区別など、溶接に関する事項を図面(設計図面)によって指示するための記号のことです。
溶接記号は、JIS規格においては、以下のJIS規格に規定されています。
『 JIS Z 3021 溶接記号 Symbolic Representation of Welds 』
JIS Z 3021 溶接記号 には、基本記号や補助記号などの溶接記号の規定とその記載例が一覧されて表にまとめられて解説されています。

63-3265-25 六角軸軸付ブラシ(カップ型/ナイロン) 65mm EA819BL-133

アーク溶接

アーク溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
アーク溶接とは、溶接方法としては、融接(溶融溶接の略。溶接状態において材料に機械的圧力を加えずに行う接合方法の総称。アーク溶接の他には、ガス溶接、抵抗溶接、テルミット溶接などがある。)に分類される溶接方法の一種で、アークの熱を熱源として行う溶接のことです。
一般的に、アーク溶接は、電極と母材間にアークを発生させて、そのアークに伴うアークエネルギーで母材と溶加材を溶融させ、溶接ビードを形成します。

JIS規格の定義 ⇒ "アーク溶接"

ガス溶接

ガス溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
ガス溶接とは、融接(溶融溶接)に分類される溶接方法の一種で、ガス炎の熱を利用して行う溶接のことです。
ガス溶接は、一般的にはガス炎の燃料として酸素を使い、溶加材として溶加棒を用いて、ガス炎の熱によって母材と溶加材を加熱・溶融させて溶接金属(溶接部の一部で溶接中に溶融凝固した金属)を作り、これを凝固させて接合します。

63-8627-20 モード 幅50×長さ180×高さ55cm 白×茶 TB-310

アンダカット

アンダーカットとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。アンダーカットは、溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種です。

JIS規格の定義 ⇒ "アンダカット"

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、抵抗溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
プロジェクション溶接は、抵抗溶接(溶接継手部に大電流を流し、ここに発生する抵抗熱によって加熱し、圧力を加えて行う溶接)の一種で、以下の参考図のように母材の溶接箇所にプロジェクション(突起部)を設けて、この突起部分に電流を集中して流し、加熱すると同時に加圧接合する抵抗溶接です。
プロジェクション溶接は、母材に設けた突起部に集中して通電させるため、溶接する母材の板厚が異なる場合でも小電流で電流密度を高くすることができるので、確実なナゲット(重ね抵抗溶接において、溶接部に生じる溶融凝固した部分)を形成し、良好な溶接を行うことができます。

JIS規格の定義 ⇒ "プロジェクション溶接"

ティグ溶接(TIG溶接)

ティグ溶接(TIG溶接)とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
ティグ溶接(TIG溶接)は、アーク溶接(アークを熱源とする溶接)に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種です。
ティグ溶接(TIG溶接)は、シールドガスとしてAr(アルゴン)やHe(ヘリウム)などのイナートガス(不活性ガス)を用い、電極にはタングステン或いはタングステン合金を用いることから、ティグ溶接:TIG溶接(Tungsten Inert Gas welding)と呼ばれます。
ティグ溶接(TIG溶接)は、プラズマ溶接などと同じように、溶接材料に溶加棒を用い、電極(一般にタングステン電極)が溶接材料とはならない非溶極式(非消耗電極式)のガスシールドアーク溶接です。

JIS規格の定義 ⇒ "ティグ溶接(TIG溶接)"

アークストライク

アークストライクとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。アークストライクは、アーク溶接(アークを熱源とする溶接(融接))の際に、母材の上に瞬間的にアークを飛ばして直ぐに切ることの意味と、その現象によって溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分の総称)に生じる溶接欠陥を意味する場合もあります。

JIS規格の定義 ⇒ "アークストライク"

開先(かいさき)

開先とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接継手に定義される用語の一つです。
開先とは、グルーブ(Groove)ともいい、溶接を行う母材間に設ける溝のことです。
開先形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。
開先を設けて行う開先溶接は、継手形状としては、突合せ継手、T継手、十字継手、角継手に適用されます。なお、開先は、”かいさき”と読みます。

JIS規格の定義 ⇒ "開先(かいさき)"

ブローホール

ブローホールとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。
ブローホールは、溶接部における溶接欠陥の一種で、溶着金属(溶加材から溶接部に移行した金属)の中に発生する球状の空洞(気孔)のことです。
アーク溶接では溶接部はアーク雰囲気中で溶融金属が高温にさらされるので、多くの酸素、水素、窒素などのガスを吸収し、それらのガスが表面に浮き上がる前に凝固することによってできる空洞(気孔)がブローホールになります。

JIS規格の定義 ⇒ "ブローホール"

溶接JIS規格【溶接機】

溶接関連のJIS規格において、溶接機関連の溶接JIS規格を以下にリストアップします。

JIS規格の定義 ⇒ "溶接JIS規格【溶接機】"